◎Autumn Wall
〜切り取って来た秋

秋の楽しみのひとつが紅葉を愛でること。枝の葉がだんだんと赤く色づいていく美しさを表現したくて、あえて花は使いませんでした。使っている花材はたったの2種。ドウウダンツツジとノイバラのみです。ドウダンツツジは紅葉しきっている枝葉もあれば、まだ葉が濃緑の枝葉もあり、枝ごとに違う表情を見せてくれています。その季節の移ろいゆくさまをそのまま鑑賞するのが、このアレンジの最大の魅力です。

 

花を使っていないアレンジなので、非常に長持ちなのもうれしいところ。少なくとも2週間は、「切り取ってきた秋」をお部屋の一角で楽しめます。

 

◎アレンジに使った花材

  • ノイバラ

  • ドウダンツツジ

 

◎つくりかたのポイント

POINT:1

オアシスは丸ごと1個を使用。厚さを半分に切り、上下に重ねて、前から見たときに正方形になるようにします。上下のオアシスが崩れないように、爪楊枝で固定します。

 

POINT:2

ドウダンツツジの枝を短く切り、まずは全体的にいけていきます。その後、隙間を埋めるようにバランスを見ながら、ノイバラをいけこんでいきます。

 

POINT:3

垣根を切り取ってきたように見せたいので、枝の高さは均等になるようにします。紅葉した葉は何ヶ所かにまとめ、ポイントを作ったほうがきれいに見えます。

 
↑Page Topへ