◎Parallel Beauty
〜直線の美

サンゴミズキのまっすぐなラインを利用して、「直線の美」を楽しんでみました。アレンジの後ろに何本ものサンゴミズキを長さを変えて平行になるように挿し、直線のラインの面白さを演出しています。サンゴミズキの真っ赤なラインが、手前のアレンジをモダンに見せてくれます。

 

サンゴミズキの直線の美しさを際立たせるように、前方のアレンジには、ユーカリの曲線のラインを大きく取り入れています。サンゴミズキもユーカリも日持ちのいい花材なので、花だけを取り替えれば、1ヶ月ぐらい充分楽しめる、これはちょっとお得なアレンジです。

 

◎アレンジに使った花材

  • リューカデンドロン・ピサ

  • ジニア・ダブ

  • オオニソガラム

  • ラナンキュラス

  • バーゼリア

  • サンゴミズキ

  • ユーカリ・ポリアンセアス

 

◎つくりかたのポイント

POINT:1

サンゴミズキは簡単に曲げることのできる花材ですが、今回はできるだけまっすぐにして、それぞれのラインが平行になるようにいけます。横枝はかえって邪魔になるので落として。垣根をイメージするといいかも。

 

POINT:2

ジニア、リューカデンドロン、ラナンキュラスの花類はできるだけ一箇所にまとめるような気持ちでいけます。ばらばらに色が散らばっていると、散漫な印象を与えてしまうので。

 

POINT:3

今回しようしたユーカリは、茎がきれいな曲線を描くポリアンセアスという種類のもの。曲線のラインを生かして、大きく弧を描くようなイメージでいけるのがポイントです。

 
↑Page Topへ