◎Summer Wreath
〜夏の緑が眩しいリース

お花がすぐにいたんでしまう夏は、思い切って葉っぱを主役にしてしまいます。いつもは花を引き立てる脇役に甘んじているリーフたちだけど、あらためて見ると実に表情豊か。青みがかった緑や濃緑、優しい若葉、色もひとつとして同じものはありません。そんな華やかな葉ものを、元気な夏のリースに紡いでみました。

 

バリエーション溢れる葉ものに加えたのは、ブルーベリーやブラックベリー、サンキライのみずみずしい実ものたち。ブルーベリーはまだ薄い緑で、飾っているうちに紫色に熟していく様子が見れるのも演出のひとつです。アワやトクサをポイントに差し込んで、バリエーション溢れるグリーンを楽しんで。夏の香りと風を思いっきり感じさせてくれるサマーリースの完成です。

 

◎アレンジに使った花材

  • トクサ

  • ブルーベリー

  • ミスカンサス

  • アワ

  • アイビー

  • ヒカゲ

  • ソリダゴ

  • ブラックベリー

  • サンキライ

 

◎つくりかたのポイント

POINT:1

直径24cmのオアシスリースにあらかじめたっぷり水を含ませておきます。ますは、アイビーをくるくるリースに巻きつけるように配置。茎の先端はオアシスにきちんと挿しこみ、あとの部分はところどころ、ワイヤーで固定します。

 

POINT:2

サンキライ、ブルーベリー、ブラックベリーの実ものを全体に均一になるよう配置。茎をオアシスに挿しこみ、不安定な部分はワイヤーで固定します。このとき、ブルーベリーのリーフも表情が豊かなので、少し間引きながら利用。

 

POINT:3

アワは大きいので、ポイントになるように2箇所ぐらいにまとめて配置し、オアシスに挿します。全体を見て、まだオアシスが見えている部分にソリダゴ、ヒカゲを短く切って挿しこみ、仕上げます。

 

POINT:4

トクサを5cmぐらいの長さに切りそろえ、ワイヤーで3本ずつまとめます。これを、リースのところどころに挿し、見た目のポイントに。

 

POINT:5

全ての作業を終えたら、一番さいごにミスカンサス。指に巻きつけてカールさせたミスカンサスをオアシスに挿し、リースにリボンをかけるようにふんわり絡めます。ところどころワイヤーで固定。

 
↑Page Topへ