◎Spring Basket
〜大人顔のチューリップ

濃橙に輝くチューリップをダークカラーの脇役たちと一緒にかごに盛り込みました。
ゲイラックスやヘデラベリーの渋めの色彩がチュリップの色気を引き立てて大人っぽく春の訪れを演出してくれます。
ミスカンサスをくるんとカールさせて、どこかおもちゃ箱のような茶目っ気も出しています。

 

チューリップとゲイラックスをすき間なくいけることで、まるでひとつの花のように見せています。天に向かって何かを歌い上げるかのように、花首を持ち上げ生命力を謳歌する生き物のように。
ブプレニウムの四方に飛び跳ねる小花たちも、春の躍動感を表現するのになくてはならない花材です。

 

今回主役として登場しているチューリップは、最近の新種でその名も「エキゾチック・バード」。花が開いてくると、まるで鳥のような姿になる不思議な花です。ブプレニウムのエメラルドグリーンをバックに、本当に南国の鳥のようにも見えてきます。

 

◎アレンジに使った花材

  • エキゾチックバード(チューリップ)

  • ブプレニウム

  • ワックスフラワー

  • ヘデラベリー

  • ゲイラックス

 

◎つくりかたのポイント

POINT:1

チュリップはできるだけまとめて、固まりでいけます。こうすることで、別の花のようにも見え、迫力のある佇まいを演出できます。

 

POINT:2

ゲイラックスはそのまま挿すのではなく、丸めて挿して。まとまりのあるアレンジに仕上げるコツです。

 

POINT:3

ミスカンサスは先端をわっかにしてホッチキスで留めます。ワイヤーのようなおもしろい形になるので、最後に全体のバランスを見ながら挿していきます。

 

POINT:4

本当なら捨ててしまうようなヨレヨレのチューリップの葉もくるくる巻いて、キュートな脇役として役立てて。何枚か重ねると愛らしく仕上がります。オアシスに挿すために茎は残しておくこと。

 
↑Page Topへ