◎Geometric Figure
〜幾何学的花あしらい

まっすぐに伸びた濃緑のフトイをぽきっ、ぽきっと途中で折って、複数の直線が入り混じる、幾何学模様の花あしらいをつくりました。和風にも近未来的にも見える不思議な形。
先に頭で形を決めこまないで、いけながらバランスをとっていったほうが、上手に仕上がります。成り行きまかせのほうがきれいな幾何学模様になるような……。

 

フトイは、花器の前後にそれぞれ剣山を置いていけています。注意するのは、後ろのほうにボリュームを出して、前のほうはあまり背が高くならないようにすること。幾何学模様が完成したら、チューリップとアカシアをこんもりとお椀型にいけます。

 

主役のチューリップの名前はモンテカルロ。鮮やかなイエローが美しい花です。チューリップは夜花びらをいったん閉じ、また翌朝大きく開花します。アレンジなのに、花の生命力を毎朝目で確かめられて、元気をいっぱいもらえます。

 

◎アレンジに使った花材

  • アカシア

  • フトイ

  • チューリップ

 

◎つくりかたのポイント

POINT

フトイは茎の途中を2、3回手で折って、両端を剣山に挿します。そうすると空中に、それぞれ形の違った三角形や四角形ができあがります。これをたくさん作れば、幾何学模様のできあがり。

 
↑Page Topへ