◎具がいっぱいの鯛茶漬け

水菜、ねぎ、おくらなどの野菜やら、もち、薄揚げ、漬物いろいろ、焼き海苔たっぷり・・・・とにかく具沢山の鯛茶漬けです。昆布とかつおで取った熱々のおだしを上からかけて頂きます。だしをかけるとキュッと身を引き締める鯛の刺身も食欲を刺激!お茶漬けとあなどるなかれ。これ一杯で堂々メインになるお茶漬けです。

 

◎材料

  • だし適量……昆布とかつおでとります。
  • 具は……
    刻みねぎ、しそ、水菜、おくら、自分の好きな漬物、鯛の刺身、もち、薄揚げ、焼き海苔などなど。
 

◎つくりかた

1:だし

だしが味の決め手なので、ここは粉末だしを使わずひと手間かけたいところ。だし昆布を入れた水を煮立たせたところに削り節を入れ、3分ほどしたら火を止め、削り節が沈んだところを、網で濾します。味付けは、塩、しょうゆ、酒、みりんで。

 

2:野菜をいっぱい

小口ねぎとしそは香りづけのためぜひ入れたいところ。水菜はシャキシャキ感が欲しくて入れました。

 

3:おくら

おくらを入れるのもオススメです。ねばねば好きな人なら絶対! 1回茹でてから細かく刻んで入れてください

 

4:漬物

今回入れた漬物は、茄子、かぶ、野沢菜漬け、菜の花のわさび漬け。

 

5:鯛のお刺身

もちろん、写真のようにたくさんはいりません。ひとり3、4切れあれば充分楽しめます。

 

6:もちと薄揚げ

もちと薄揚げはオーブントースターで焼いて、食べやすい大きさに切り、一番上にのせます。 薄揚げのパリッとした食感と香ばしさもまた捨てがたし。最後に焼き海苔を小さくちぎりながらたっぷりとふりかけます。

 
↑Page Topへ