◎こんがりチキンのバルサミコソース

ガーリックオイルで皮をパリッと焼いたこんがりチキンにバルサミコソースをかけた一品。簡単なのに、ちょっとビストロみたいなおしゃれな味です。コクがあるのに、後味がさっぱりしていてやみつきになるおいしさ!
チキンの皮をちょっと焦げ目がつくぐらいにパリッと焼き上げるのがポイントです。

 

◎材料(4人分)

  • 鶏もも肉……2枚
  • にんにくのみじん切り……大さじ1
  • 塩、こしょう……適宜
  • ●バルサミコソース
  • バルサミコ酢……大さじ4
  • はちみつ……大さじ2
  • 赤ワイン……大さじ1

  • ●サラダ用
  • レタス……お好みで
  • ひまわりの種……少々
 

◎つくりかた

1:鶏肉の皮から焼く

フライパンにオリーブ油大さじ1とにんにくを入れ、弱火で香りが出るまで炒める。食べやすい大きさに切った鶏肉に塩、こしょうで下味をつけておく。鶏は皮のほうから強火で焼き、皮がパリッとするまで焼く。反対も焦げ目が少し付く程度に焼く。

 

2:同じフライパンでそのままソース作り

フライパンから鶏肉を取り出し、フライパンは洗わずそこに、ソースの材料を入れ、さっと温める。味をみて、塩、こしょうをたす。

 

3:盛りつけ

皿にまず鶏肉を盛り付け、ソースをかけてできあがり。レタスは洗って手でちぎり、上からひまわりの種をふりかけ、肉と同じソースを少量かける。

 

4:できあがり

レタスの上のひまわりの種がちょっとビストロ風を演出してくれます。

 
↑Page Topへ