◎半熟卵のっけカルボナーラ

いわゆるカルボナーラスパゲティですが、ちょっと工夫したのは、とろとろのポーチドエッグを最後に乗せるところ。自分で卵とスパゲティ(今回は生のフェトチーネを使用)をかき混ぜながら食べると、とろとろ感がほんとうにおいしい!熱を加えすぎて卵がいり卵みたいになったっちゃった!なんて失敗ともおさらばです。
ピーラで大きく削ったパルメザンチーズをたっぷりかけて食べるとさらに美味です。

 

◎材料(4人分)

  • 生フェトチーネ……360g
  • ベーコン(拍子切り)……120g
  • 卵……4個
  • 塩、あらびき黒こしょう……適宜
  • 生クリーム……100cc
  • 白ワイン……100cc
  • 粉パルメザンチーズ……大さじ4
  • ブロック状のパルメザンチーズ……適宜
 

◎つくりかた

1:麺をゆでる間にソース作りスタート

たっぷりのお湯に適量の塩を加えてフェトチーネをゆでる。
フライパンにオリーブ油大さじ1とベーコンを入れ、弱火でベーコンの脂をじっくり出すように炒める。白ワインを入れ、煮立ててアルコールを飛ばし、フェトチーネの茹で汁を大さじ2ほど加える。最後に生クリームと粉のパルメザンチーズを混ぜあわせる

 

2:ポーチドエッグを作る

お湯を沸かし、沸騰したら静かに卵を落とし、ポーチドエッグを作る。このとき、卵はお玉の上に乗せ、そっとすべらすように湯の中へ入れると、上手にできる。

 

3:盛りつけ

ゆであがったフェトチーネに上のソースをたっぷりからめる。皿に盛り、上にポーチドエッグをのせる。ブロック状のパルメザンチーズをピーラーで削りながら、たっぷりふりかける。黒こしょうも好みでたっぷりかける。

 
↑Page Topへ