◎ガパオご飯
 (タイ風ひき肉バジル炒め)

「ガイ・パッ・バイパカオ」という名のタイの有名料理。最近はカフェなどでもよく見かける人気メニューです。
辛いひき肉と目玉焼きをご飯にまぜまぜしながら食べると、額からじんわり汗が!本場では、プリック・ナンプラーという唐辛子をナンプラーに漬けたものをさらに上からかけて、より一層辛くしてから食べます。タイのバジル(バイ・カパオ)は手に入りにくいので、西洋バジルで作りました。

 

◎材料(2人分)

  • ひき肉(鶏or豚の赤身)……150g
  • バジルの葉……10枚(手で小さくしておく)
  • 唐辛子のみじん切り……大さじ2
    (タイの唐辛子ブリッキーヌが手に入れば、香りが全然違うのでぜひ試してみて)
  • にんにくのみじん切り……大さじ1
  • 玉ねぎのみじん切り……1/2個分
  • ピーマン……2個
  • 赤&黄パプリカ……各1/2個
  • 鶏がらスープ……大さじ2
  • オイスターソース……大さじ2
  • しょうゆ……大さじ1
  • 砂糖……大さじ2
  • 酒……大さじ2
 

◎つくりかた

1:にんにくと唐辛子を炒める

玉ねぎはみじん切りに、ピーマン、パプリカは大きめの千切りに。サラダ油大さじ2をフライパンで熱し、唐辛子とにんにくを入れ、香りが出るまで、弱火でじっくり炒める。(写真の緑色は、タイの唐辛子ブリッキーヌです)

 

2:玉ねぎを炒める

フライパンに玉ねぎを加え、色が透明になるまで炒める。

 

3:ひき肉を炒める

ひき肉を加え、火を強火に。ひき肉がほぐれてきたら、鶏がらスープを加えます。

 
ss

4:ピーマン、パプリカを加え、味つけ

ひき肉を完全にパラパラにし、ピーマン、パプリカを加え、オイスターソース、しょうゆ、砂糖、酒も入れて、混ぜるように炒めます。

 

5:できあがり

調味料がなじんだら、バジルを加え、2、3分炒めて出来上がり。ご飯の上にのせ、目玉焼きを添えます。

 
↑Page Topへ