◎タイ焼きそばーPHAD THAI

タイ料理は辛くてダメ!という人もこれなら大丈夫。ちょっと甘めのオイスターソースのような味と太い麺の食感が絶妙なコンビネーションを奏でます。
具材は魚介をメインに、もやし、にらなどの野菜がたっぷり入るので、とてもヘルシーです。

 

ペーストを使おう!

☆本格的にタイ料理を習得すべく、タイ旅行のときに料理学校に入りました。もちろん、この焼きそばも習いました。作り方は簡単ですが・・・タマリンドジュースやらパームシュガーやら、日本では手に入りにくい材料ばかり。そこで、屋台のおばちゃんの作り方をじーっと見ていたら、なんと、味付けにインスタントのペーストを使っていました。「これ、おいしいよ!」とおばちゃんもオススメのペーストが日本でも手に入ります。で、味もGOOD!以来、タイ焼きそばを作るときは、私はペースト派です。じゃあ、あの料理学校は何だったのだろう?

 

☆写真左が、オススメのインスタントペースト、名前もそのまんまの「PHAD THAI PASTE」。右側が焼きそばに使うタイのライスヌードル。米粉を使った麺で、いわばビーフンの太いバージョンです。その中でも一番太い、センヤイという麺が私は好きです。どちらも「カルディ」のような輸入食材店で売られています。

◎材料(4人分)

  • 乾燥ライスヌードル……160g
    (ぬるま湯に15分つけてもどし、ざるにあげておく)
  • 海老…12尾 背わたを取り殻をむいておく。
    イカやホタテを入れてもおいしい。
  • もやし……1袋
  • にら……1束
  • 溶き卵……2個分 塩ひとつまみを加えておく。
  • ●調味料
  • パッタイソース……大さじ4
  • にんにくのみじん切り……大さじ1
  • 唐辛子の輪切り……1本分
  • ナンプラー……大さじ1
  • ピーナッツのみじん切り……大さじ2
  • アーモンドスライス……少々
  • レモン(盛りつけ用に)……1個
 

◎つくりかた

1:にんにくと唐辛子を炒める

フライパンにサラダ油大さじ2をひき、にんにくと唐辛子を入れ、弱火で香りが出るまで炒める。

 

2:海老と野菜を炒める いり卵を作る

海老とナンプラーを入れ炒める。海老の色が変わったら、もやし、にらを入れ、さっと火を加える。もやしのパリッとした食感を楽しむため炒めすぎないように注意。
海老と野菜を皿に取り出し、同じ フライパンにサラダ油を熱し、いり卵を作る。

 

3:ペーストで味つけ

2のフライパンにライスヌードルとパッタイソースを加え全体に味がゆきわたるように炒める。皿に取り出しておいた海老と野菜を加える。よく混ぜあわせ、味がもし足りなかったら、オイスターソースと砂糖を少々加えるとうまくいく。最後にピーナッツを混ぜてできあがり。皿に盛りつけ、くし型に切ったレモンを添える。レモン汁をかけて食べる。

 
↑Page Topへ