◎タコライス

沖縄料理のタコライス。これをエスニックのページに載せるかどうか迷いましたが、私にとっては沖縄料理はどちらかというとアジアのエスニック料理の領域に入っているので。
スパイシーな味がとても良くごはんに合っていて大好きな一品。レタスを思いっきりかけて食べます。お肉のピリッ辛、レタスのシャキシャキ、チーズのコク、そしてご飯の絶妙なコンビネーションがお口の中でくり広げられます。

 

ポイント

☆タコライスで大事なのは、タコミートの味。メキシコ料理のタコスに入っているお肉ですね。いろいろなお料理研究家のレシピを見たりなぞして試作した結果、結局輸入食材店で売られているこのインスタントの粉を使うのが一番スパイシーでおいしいとわかりました。

 

☆できあがりのタコライスに最後にかけるのがタコソース。これも市販のものがGOOD!パンチが効いています。本場の味は、本場のインスタントルーが一番です。


☆写真上がタコ・シーズニングミックス。タコミートの味つけに使うものです。約200円ぐらいとお安いです。 写真下がタコソースのビン。ピリリリッと辛くて、やみつきの味。サラダなどにも使えます。

 

◎材料(4人分)

  • 牛ひき肉……300g
  • 玉ねぎのみじん切り……1/2個分
  • レタス……1/2個
  • トマトのみじん切り……2個分
  • ピザ用シュレッダーチーズ……大さじ4
  • タコシーズニングミックス……1袋
  • タコソース……大さじ4
  • ご飯……適量
 

◎つくりかた

1:タコミートを作る

フライパンに大さじ1のサラダ油を熱し、ひき肉と玉ねぎのみじん切り炒める。ひき肉がポロポロになるまで。水2/3カップとタコ・シーズニングミックスを加える。沸騰したら弱火にし、蓋はせず、水気がなくなるまで、ときどきかき混ぜながら7 ~ 8分ほど煮詰める。これでタコミートのできあがり。

 

2:盛りつけ 最後にタコソースをかける

皿にごはんを適量盛り、その上にレタスを好きなだけちぎってのせる。タコミート適量、トマトのみじん切り1/2個分、チーズ大さじ1を盛り付ける。最後にタコソース大さじ1をかけて、できあがり。

 
↑Page Topへ